諏訪湖
諏訪盆地のほぼ真ん中に位置する諏訪湖は、海抜759m、一周約16㎞の信州で最も大きな湖です。
天気が良ければ、富士山を望むこともできます。
諏訪大社
諏訪大社はお諏訪様・諏訪大明 神として全国津々浦々の人々から親しまれ、崇敬されています。また、諏訪湖の南に上社(前宮と本宮)、北に下社(春宮と秋宮)とに分か れ、この四社を合わせて諏訪大社と総称します。
万治の石仏
岡本太郎氏が下諏訪を訪れた際に、そのユニークな見た目を絶賛したということから話題になったスポットで全国的にもその名が知られるようになりました。
八島湿原
国の天然記念物にも指定されている日本最南の高層湿原。一面の草原と湿原の中に池が点在し、400種以上もの植物が見られます。
中山道下諏訪宿 本陣
参勤交代の大名らが泊まった本陣。その庭園は中山道随一と称されます。春のつつじ、新緑、初夏のあやめ、さつき、秋の紅葉、雪景色と四季折々の装いが見事です。
桜の名所 水月公園
諏訪地方随一の桜の名所。ソメイヨシノ、コヒガンザクラが約560本植えれています。眺めがよく、諏訪湖を一望できます。